低位株で下克上

低位株でお金を増やす。

スポンサーサイト 

ご来訪ありがとうございます。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気ブログランキングへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2/10 

ご来訪ありがとうございます。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気ブログランキングへ
壮士断臂という言葉が新聞に載っていて、臂とは腕のひじのことで、えーとどんな意味だっけ。

武士かなにかが毒が回った腕を切り落としてでも生き延びるという意味(たぶん)。

腕を切り落とすのは辛いけれども、そのことによって死を免れる。

これは、損切りにも当てはまると思いました。

毒(含み損)が自然に解毒(回復)される場合もあるが、毒が全身に回って死に至る(退場)こともある。

損切りによってダメージは受けるし、それは辛いことであるが、致命傷に至らないことで、生き延びることができる。

そう、株の世界では身体(資産)の一部を切り落としても、カメレオンの尻尾ようにまた復活できるのだ。

毒(含み損)と一連托生することはない。

[ 2011/02/10 23:02 ] 投資日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク
プロフィール

うたかた

Author:うたかた
夢は大きく株の世界で輝き花開く。

Powerd by 似顔絵イラストメーカー

スポンサードリンク
過去の記事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。