低位株で下克上

低位株でお金を増やす。

スポンサーサイト 

ご来訪ありがとうございます。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気ブログランキングへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今日は 

ご来訪ありがとうございます。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気ブログランキングへ
図書館から借りた本を読んでたりしました。

直接、株に役立つわけじゃないけど、経済の本です。
「投じるかどうかをこれから決めるコストに注目し、すでに投じて回収できなくなったコストは忘れろ」
このへんはためになりますね。覆水盆に帰らずで。
仕事でも色恋でも脈がないとわかったら、スパッと切り捨てるべし。そのほうが、合理的であるということらしい。
株にはしがみつくつもりですが

出社が楽しい経済学
出社が楽しい経済学
posted with amazlet at 09.06.21

日本放送出版協会
売り上げランキング: 7810
おすすめ度の平均: 4.0
4 とっかかりとして
4 思考法としての経済学入門
4 つい人に話したくなる
3 経済学入門として、面白い
3 ミクロとマクロの接点


本で株の知識を得ようとしても有益なものはない。ネットの情報で充分という考えの人も多いかと思いますが、それはもったいない話です。
どんな駄本にも1ページくらいは為になる部分があって、その1ページの情報だけでも、読む価値があるのではないでしょうか。
とにかく、色々な本を読むことは、決して無駄ではないと思うところです。
具体名は出しませんが、なかには真性の駄本もあります



なぜ低位株投資をするのかというと、これまでの経緯があります。
はじめのころは、単に知っている会社の株を買ってみたり、個人投資家=新興市場というイメージが強くて、サイバーエージェントとかグッドウィルとかをいじってました。
でも、なかなか勝てなくて、それから、紆余曲折あって(はしょりすぎ)、低位株にたどりつきました。
気づくのに時間がかかりすぎましたが、この路線でいまはがんばっています。

知っている人には釈迦に説法でしょうが、低位株のことをちょっと書いてみます。

説明が下手なので、詳しい定義などは「低位株とは」で検索すれば、説明がでてくると思います。ボロ株、クソ株というのも似たような意味です。
仕手株というのは、ちょっと意味合いが違いますが、時価総額の小さい株が仕掛けられることが多いので、低位株と重なり合う部分が多いです。
低位株は、だいたい300円以下の株を指すようです。
自分は200円以下の株しか、ほぼ触りません。

低位株にはメリットがいくつかあります。
その前に、いつ倒産してもおかしくない株が多いので、持ち越しには注意が必要です。
財務をチェックしておかないと危険です。

メリットは、

1ティックの利幅が大きい。
少ない資金で買うことができる。

など。

株が難しいのは、当たり前ですが、株価が動くからだと思います。
株価の動きが100パーセントわかれば、100パーセント勝てるわけです。
動きがまったくわからない場合、手数料と税金がある以上、大数の法則が発動してトレード回数を重ねればおそらく負けることになります。
(利食いとロスカットの仕方もあると思いますが・・・)

逆に株価が動かなければ、簡単なわけです。
極端な話、まったく動かなければ、負けません。
もちろん株価が動いてくれないと、勝つこともできませんが。
だから、たとえば10円以下の板の厚い超低位株は、ほとんど動かないので、一日のうちで乱高下する株と比べて、動き自体は単純なわけです。
ほとんど動かないのでデイトレには向きませんが。

結果がすべての世界なので、結果を出すために明日からがんばっていきます。
[ 2009/06/21 21:33 ] 低位株 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク
プロフィール

うたかた

Author:うたかた
夢は大きく株の世界で輝き花開く。

Powerd by 似顔絵イラストメーカー

スポンサードリンク
過去の記事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。