低位株で下克上

低位株でお金を増やす。

スポンサーサイト 

ご来訪ありがとうございます。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気ブログランキングへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

倒産リスク 

ご来訪ありがとうございます。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気ブログランキングへ



【財務諸表から見る】


・自己資本比率ひとケタ台の企業は非常に危険(金融・保険除く)


・直前期の当座比率が90%を切っている。

流動負債=1年以内に償還予定の社債と短期借入金を合わせたもの
流動比率=流動資産÷流動負債

当座資産(流動性の高いものだけ)=流動資産-棚卸し資産(短期で現金化できない)

当座資産÷流動資産=当座比率(短期の資金繰り状況が把握できる)


・営業CFが、連続で赤字を計上。
利益が上がっているにも関わらず、営業CFが赤字(売掛金や棚卸資産の増加)。
過度に売掛金が増えると粉飾の可能性も。
売掛金や在庫が急に増えた会社は危ない。

・売掛金回収期間が前期と比較して延びている。
売掛金÷売上高×365=売掛金の回収に掛かる日数
在庫÷売上高×365=在庫販売に掛かる日数

前年同期と比較して、大幅に増加している場合は注意(10~30日増加)。


・現金預金が借り入れの担保になっている。
「現金があることと」、「回っていること」は違う。
現金を持っていても、担保に取られている場合は注意。
有価証券報告書の担保の欄(注記)に、「現金」が入っている場合は、現金化不能。

・財務諸表に「継続企業の前提に関する疑義」が注記されている。


【現象から見る】  


・社長が会社を不在にしていることが多い。
・社長が経営と関係ない肩書きを多数持っている。
・不相応な社長室など公私混同ぶりが目立つ。

・社長が、最近離婚した。
・社長ブログの更新が滞っている。
・社長の株式持ち分比率が減っている。

・役員、幹部社員が相次いで退職している。
・内定切りを行っている。
・不定期の人事異動が行われている。

・経理担当者が不在がちだったり、退職している。
・ボーナスや給料の遅配が発生。
・不審な人物が頻繁に出入り。

・買い急ぎや売り急ぎ(叩き売り)がある。
・在庫に極端な増減がある。
・本業以外への投資が目立っている。

・事務所やトイレが清潔に保たれていない。
・会議が急に多く開かれるようになった。
・突然に会社を移転することになった。

・取引先が急に変更されている。
・荷物を発送する量が増えている。


[ 2007/01/02 10:23 ] 倒産リスク | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク
プロフィール

うたかた

Author:うたかた
夢は大きく株の世界で輝き花開く。

Powerd by 似顔絵イラストメーカー

スポンサードリンク
過去の記事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。