低位株で下克上

低位株でお金を増やす。

スポンサーサイト 

ご来訪ありがとうございます。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気ブログランキングへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

モチベーション 

ご来訪ありがとうございます。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気ブログランキングへ



・株に対するアプローチ

× どうやったら勝てるか。
○ 「勝てるのが当たり前」というスタンスでいるから、勝つ。

揺れないスタンスを持つ。


・人間の心には「外側(周囲の環境)」と「内側{(潜在意識)」のバランスを取ろうとする習性がある。

【例】部屋が散らかっている人は、心もよどんでいたり、未整理な問題がいっぱい残っている。
部屋を掃除すれば、気分もサッパリして心もキレイになる。

環境を変えれば、潜在意識(内側)はそれに説得されていくもの。

金持ちの小道具、舞台装置を用意して、金持ちのメンタリティーを身に着ける。

・自分の部屋が、これから株で儲ける人にふさわしい部屋なのか、あるいは「金持ち」にふさわしい部屋なのかを、考えてみる。

イメージする。

仮に金持ちになったとき、はたして自分の部屋はこのままだろうかと、考えてみる。すると、いや金持ちになったら、これは捨てるな、ここは片付けるな、こんな服を着るとか、イメージが湧いて来る。

外部は内部を規定する。

金持ちになった時、処分するものは、先回りして視界から消す。金持ちになって身につけるものは、先回りして買う。

・部屋や服装など、周辺から変えてやることで「金持ちになるに決まっている」という潜在意識をつくりだす。


・潜在意識は「いやいやながらやっていること」について、なるべく早く破綻させようとする。

望んでいないことは成就しない。


・欠点「できないこと」を見ていくクセがつくと、自分はできないという暗示がかかって、本当に出来ない人になってしまう。

「これなら負けない」というものをひとつ見つける。

部分から攻める。

・否定形の言葉は使わない。

× 準備ができていない。
○ さっそく準備しよう。

× あと一年しかない。
○ まだ一年もある。

・根拠がないからこそ、自信。根拠がないからこそ、何度失敗してもいい。
失敗して、気づき、学びを得ることが大事。
→同じ失敗は繰り返さない。

・欠点ではなく、長所を見つける。

・「部分は全体であり、全体は部分である」ことを意識する。

[ 2009/03/29 14:24 ] 投資日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク
プロフィール

うたかた

Author:うたかた
夢は大きく株の世界で輝き花開く。

Powerd by 似顔絵イラストメーカー

スポンサードリンク
過去の記事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。